CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 集客」
に関連するツイート
Twitter

前職で関わりありましたが、ECサイト云々よりも単純にweb集客があれでは... アローズでもこういうレベルなのか

続き。 集客、リピーターの囲い込みなどECサイト構築の基礎を全く教えていないし、発信者もよく分かってないかもしれません。 老舗EC古着屋は随分前から自社サイトのブランディングを成功させて顧客をファン化させています。 コンサルってブランディングを手引きしてくれるイメージですね、僕は。

Twitter古着売りでんねん@furugiuridennen

返信 リツイート 0:14

ホームページ制作 デザイン コンテンツ ユーザー 会社 サービス 商品 コンセプト ヒアリング コミュニケーション アイディア 戦略 webコンサルティング デザインクオリティ 集客効果 ホームページ コーポレートサイト ショップサイト ショッピングサイト ECサイト

Twitter株式会社スリーエスカンパニー@yokohama3es

返信 リツイート 10/19(土) 3:47

PHPはWebアプリを開発する際に日本で最も使われているプログラミング言語です。 SNSやイベント集客サイト、ECサイトなどを作ることが出来ます。

全てのビジネスにインターネットが絡んでくるので,実店舗への集客ECサイト運営に,(WEB)売上=Imp(Impression) *CTR(Click Through Rate)* CVR(Conversion Rate)* LTV(Life Time Value) と要素分解して分析するのが必須なのだな. 高齢者はついていけないyoutube.com/watch?v=ek3aB3…

ECサイト運営で集客とマネタイズという観点でやるべき施策がオウンドメディア運営です。 実際にオウンドメディアでどう収益化するべきか、リアルな体験から分かった事で解説します。 ご参考ください。 kazuyoshi.life/2019/10/15/%e3…

TwitterKazu@輸入ビジネス&ブログ&個の稼ぎ方@KazuyoshiMZ

返信 リツイート 10/15(火) 14:10

PHPはWebアプリを開発する際に日本で最も使われているプログラミング言語です。 SNSやイベント集客サイト、ECサイトなどを作ることが出来ます。

ホームページ制作 デザイン コンテンツ ユーザー 会社 サービス 商品 コンセプト ヒアリング コミュニケーション アイディア 戦略 webコンサルティング デザインクオリティ 集客効果 ホームページ コーポレートサイト ショップサイト ショッピングサイト ECサイト

Twitter株式会社スリーエスカンパニー@yokohama3es

返信 リツイート 10/14(月) 12:47

PHPはWebアプリ開発をする際に『日本で一番』使われています。 具体的には、SNSやイベント集客サイト、ECサイトの開発などを行うことができます。

PHPはWebアプリを開発する際に日本で最も使われているプログラミング言語です。 SNSやイベント集客サイト、ECサイトなどを作ることが出来ます。

ECサイトの集客力を高める

ECサイトの集客力を高める 電子商取引を行なう事を目的に開発されたECサイトは、現在では多くのオンラインショップやオンデマンドサービスなどのベースとなっています。
ECサイトで集客力を高める為には、商品やサービスの魅力が伝わりやすいように、オシャレな印象のデザインを採用したり、コンテンツの内容を良くしたり、使いやすいユーザーインターフェースを採用したりすると良いです。
また、更新性を高めていく事によって、顧客に新しい情報を適宜提供していく事が出来ますので、サイトへの再訪問の確率を高められます。
集客力を高める方法としてSEO対策はとても良い手段です。
特定のキーワードを使って、コンテンツの内容を高める事によって、検索エンジンへの最適化を図っていく事が可能です。
検索エンジンのアルゴリズムは、サイトの内容を重視する傾向があり、内容に独自性があって情報源として優れている場合には、評価が上がって、検索結果ページの上位に表示されやすくなります。

ECサイトのメリットと市場規模は

ECサイトとは、電子商取引のことであり、主にECサイトといえば消費者向け電子商取引を意味するBtoC-ECを指します。
市場規模としては平成25年の段階で11.2兆円にまで成長しています。
企業間の電子商取引も活発に行われており、全体の市場規模としては年に1割以上の成長率を持っています。
ECサイトのメリットとしては、集客力にあるといえ、インターネットを使用できる環境であれば全国はもちろん世界中の人が顧客になる可能性があります。
このためビジネスチャンスを広げるという意味では有益な手段といえますが、一方で店舗を運営するほどではありませんが運営費が必要になりますし、ショッピングモールを利用する場合には月額使用料やマージンなども必要になります。
また配送システムを構築する必要があるためそれらを一から構築するとなると大きなコスト増に繋がりますが、ECサイトをサポートするためのサービスも充実しており、上手く利用することで低コストで開設することも可能になっています。