CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 集客」
に関連するツイート
Twitter

PHPはWebアプリを開発する際に日本で最も使われているプログラミング言語です。 SNSやイベント集客サイト、ECサイトなどを作ることが出来ます。

ホームページ制作 デザイン コンテンツ ユーザー 会社 サービス 商品 コンセプト ヒアリング コミュニケーション アイディア 戦略 webコンサルティング デザインクオリティ 集客効果 ホームページ コーポレートサイト ショップサイト ショッピングサイト ECサイト

Twitter株式会社スリーエスカンパニー@yokohama3es

返信 リツイート 4/20(土) 12:47

PHPはWebアプリ開発をする際に『日本で一番』使われています。 具体的には、SNSやイベント集客サイト、ECサイトの開発などを行うことができます。

PHPはWebアプリ開発をする際に『日本で一番』使われています。 具体的には、SNSやイベント集客サイト、ECサイトの開発などを行うことができます。

「SEO施策」って何? 何をすれば良いの?【今さら聞けないECサイト集客施策 1】 | E-Commerce Magazine Powered by futureshop | ネットショップ担当者フォーラム netshop.impress.co.jp/node/6363

「SEO施策」って何? 何をすれば良いの?【今さら聞けないECサイト集客施策 1】 | E-Commerce Magazine Powered by futureshop | ネットショップ担当者フォーラム netshop.impress.co.jp/node/6363

RT @dai23315678: 「強み」とは ライバルがやってない事をやれる事 例えば ・自社ECサイト作って集客できる ・オリジナルの付加価値をつける ・売る相手を変える ・独自の仕入れルート確保 ・出回ってない仕入れ方法 など少し視点を変えてみると違った角度から攻めること…

Twitterゆうすけ@webマーケ系の中学生@GgYske

返信 リツイート 4/17(水) 20:50

「SEO施策」って何? 何をすれば良いの?【今さら聞けないECサイト集客施策 1】 | E-Commerce Magazine Powered by Future Shop | ネットショップ担当者フォーラム netshop.impress.co.jp/node/6363

TwitterSEO 検索エンジン最適化@seo_jp_news

返信 リツイート 4/17(水) 19:35

そして、オリジナル記事はこちら♪ Eコマース初心者の方、ぜひご一読を。 ECサイト運営で押さえておくべき4つの集客方法:その1「SEO篇」 future-shop.jp/magazine/ec_sh…

★掲載情報 ネットショップ担当者フォーラム( @netshoptan)さんにて E-CommerceMagazineの記事ページができました! magazineからの記事を不定期に紹介していただきます♪ 第1弾は、ECサイト集客施策 その1SEO編です↓ netshop.impress.co.jp/node/6363 #futureshop #ネッ担

ECサイトの集客力を高める

ECサイトの集客力を高める 電子商取引を行なう事を目的に開発されたECサイトは、現在では多くのオンラインショップやオンデマンドサービスなどのベースとなっています。
ECサイトで集客力を高める為には、商品やサービスの魅力が伝わりやすいように、オシャレな印象のデザインを採用したり、コンテンツの内容を良くしたり、使いやすいユーザーインターフェースを採用したりすると良いです。
また、更新性を高めていく事によって、顧客に新しい情報を適宜提供していく事が出来ますので、サイトへの再訪問の確率を高められます。
集客力を高める方法としてSEO対策はとても良い手段です。
特定のキーワードを使って、コンテンツの内容を高める事によって、検索エンジンへの最適化を図っていく事が可能です。
検索エンジンのアルゴリズムは、サイトの内容を重視する傾向があり、内容に独自性があって情報源として優れている場合には、評価が上がって、検索結果ページの上位に表示されやすくなります。

ECサイトのメリットと市場規模は

ECサイトとは、電子商取引のことであり、主にECサイトといえば消費者向け電子商取引を意味するBtoC-ECを指します。
市場規模としては平成25年の段階で11.2兆円にまで成長しています。
企業間の電子商取引も活発に行われており、全体の市場規模としては年に1割以上の成長率を持っています。
ECサイトのメリットとしては、集客力にあるといえ、インターネットを使用できる環境であれば全国はもちろん世界中の人が顧客になる可能性があります。
このためビジネスチャンスを広げるという意味では有益な手段といえますが、一方で店舗を運営するほどではありませんが運営費が必要になりますし、ショッピングモールを利用する場合には月額使用料やマージンなども必要になります。
また配送システムを構築する必要があるためそれらを一から構築するとなると大きなコスト増に繋がりますが、ECサイトをサポートするためのサービスも充実しており、上手く利用することで低コストで開設することも可能になっています。