CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 集客」
に関連するツイート
Twitter

PHPはWebアプリ開発をする際に『日本で一番』使われています。 具体的には、SNSやイベント集客サイト、ECサイトの開発などを行うことができます。

Twitterゼロから学ぶPHP@php_skillup

返信 リツイート 17:17

ECサイトをワンストップでフルカスタマイズも可能、集客のお手伝いも含めてこの価格! お客様の集まるECサイトをご提供します! cohaku.net/ec_site/

PHPはWebアプリを開発する際に日本で最も使われているプログラミング言語です。 SNSやイベント集客サイト、ECサイトなどを作ることが出来ます。

RT @QLQLcafe: #QLQL とは360°クルクルと回すことができるちょっと不思議な写真サービスです。 360°見ることができるので、ECサイトなどに最適。またイベント時などの集客装置としても様々な採用実績があります。 デジタル技術を駆使したアナログ感覚の面白さを、ぜ…

TwitterQLQLcafe(クルクルカフェ)@QLQLcafe

返信 リツイート 昨日 17:11

自社ECサイトの編成担当時にECショッピングモール出店PJをやってみて、 ①ブランドコントロール観点の問題 ②決済や出荷等の機能対応面 ③セールや集客のコスト面 と規模を鑑みて「使わない」が最適解のところも多くて当然と感じた。 注文→配完まで長いと②が、独自CRM策があると③が悩ましいです。

PHPはWebアプリを開発する際に日本で最も使われているプログラミング言語です。 SNSやイベント集客サイト、ECサイトなどを作ることが出来ます。

RT @php_study_group: PHPはWebアプリを開発する際に日本で最も使われているプログラミング言語です。 SNSやイベント集客サイト、ECサイトなどを作ることが出来ます。

PHPはWebアプリ開発をする際に『日本で一番』使われています。 具体的には、SNSやイベント集客サイト、ECサイトの開発などを行うことができます。

PHPはWebアプリ開発をする際に『日本で一番』使われています。 具体的には、SNSやイベント集客サイト、ECサイトの開発などを行うことができます。

ECサイトやろうと思ったとき、大手ECモールでやる人は多い。そりゃ有名だし集客には困らない。サイトのテンプレとか販促ツールもあって始めやすいだろう。ただ大事なことが抜けてる。集客が楽なのは同様に出店してるライバルも一緒だよ。価格競争に巻き込まれるのがオチ。

Twitter栗場石 健一@集客最強主義者@kuribaishi

返信 リツイート 6/21(金) 16:57

ECサイトの集客力を高める

ECサイトの集客力を高める 電子商取引を行なう事を目的に開発されたECサイトは、現在では多くのオンラインショップやオンデマンドサービスなどのベースとなっています。
ECサイトで集客力を高める為には、商品やサービスの魅力が伝わりやすいように、オシャレな印象のデザインを採用したり、コンテンツの内容を良くしたり、使いやすいユーザーインターフェースを採用したりすると良いです。
また、更新性を高めていく事によって、顧客に新しい情報を適宜提供していく事が出来ますので、サイトへの再訪問の確率を高められます。
集客力を高める方法としてSEO対策はとても良い手段です。
特定のキーワードを使って、コンテンツの内容を高める事によって、検索エンジンへの最適化を図っていく事が可能です。
検索エンジンのアルゴリズムは、サイトの内容を重視する傾向があり、内容に独自性があって情報源として優れている場合には、評価が上がって、検索結果ページの上位に表示されやすくなります。

ECサイトのメリットと市場規模は

ECサイトとは、電子商取引のことであり、主にECサイトといえば消費者向け電子商取引を意味するBtoC-ECを指します。
市場規模としては平成25年の段階で11.2兆円にまで成長しています。
企業間の電子商取引も活発に行われており、全体の市場規模としては年に1割以上の成長率を持っています。
ECサイトのメリットとしては、集客力にあるといえ、インターネットを使用できる環境であれば全国はもちろん世界中の人が顧客になる可能性があります。
このためビジネスチャンスを広げるという意味では有益な手段といえますが、一方で店舗を運営するほどではありませんが運営費が必要になりますし、ショッピングモールを利用する場合には月額使用料やマージンなども必要になります。
また配送システムを構築する必要があるためそれらを一から構築するとなると大きなコスト増に繋がりますが、ECサイトをサポートするためのサービスも充実しており、上手く利用することで低コストで開設することも可能になっています。