CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 広告」
に関連するツイート
Twitter

ECサイト制作のお問合せが増えてきていますが、無料で利用できるものを使ったが売れない。という問合せ内容については当たり前ですが、元々知られている商品ではない限りその後、広告宣伝費を捻出しなければ無料のものは全くといっていいほど結果が出ません。 #ecサイト制作 reinc.jp/service/e-comm…

Twitterリビジョン株式会社@revision_pr

返信 リツイート3 昨日 18:13

#ビリビリ動画 以外のプラットフォームの検証 中国版TikTokである #抖音(Douyin)では、 2018年3月からECサイト「タオバオ」との連携が始まり アパレルをメインにさまざまなジャンルの商品がTikTokにおける広告を利用し、売上拡大に成功しています。 x-c.co.jp/blog/2018_tikt…

Twitter中野 人史(Hitosi Nakano)@hitosi_naka81

返信 リツイート 2/17(日) 23:47

「例えば、今までは自転車をECサイトで検索、閲覧した人に、実店舗で購入した後も自転車の広告が出続け、無駄が生じていた。データをセッション化することで、実店舗での購入を確認したらその後はヘルメットなど自転車関連製品の広告に切り替えて、、、」 nikkei.com/article/DGXMZO…

ホームページ制作を昨年したのですが、減価償却になるのか、広告宣伝費になるのか分からなかったので調べてみました。私のホムペはECサイトなどのプログラムが入っていないし、都度更新されるページもあるので、広告宣伝費みたい。 私が参考にしたページ→tol.jp/advice/tax/ #確定申告

Twitter今井ひろこ@小さな宿と店の集客を応援したい!@Imai_Hiroko

返信 リツイート 2/15(金) 10:08

広告代理店とSESとECサイトの会社でした。やっぱりそれぞれ雰囲気も質問内容も見る観点も違うなと思いました。

YahooPPC広告の運用ポリシー変更の案内が来ました。 ・商標権の使用に関する制限 これ、ECサイトなんか運営されている方、結構影響受けるのでは...?

Twitter飲食店と食産業に強い経営コンサルタント@syuukyaku_gm

返信 リツイート 2/14(木) 17:11

クルーズ 営業赤字は広告費とその他経費、配送費の上昇によるものですが、特に配送費は金額的には今は大きく有りませんが徐々にボディブローのように経営にインパクトしそうです ECサイトは配送料の点で、今後も常にリスクを抱えながらの事業になると考えた方が良さそうです pic.twitter.com/tOgCiM73nI

美容のECサイトではなく、個々の肌性質に合った商品をマッチングさせるサイトかアプリを構築するために、ユーザーの確保が必要。 最初にやることとしては、広告になってくる。

【雪国まいたけ「極(きわみ)」新作CMのご案内】 maitake.co.jp/press/pdf/2019… 新作CM「塩だけで」篇「すだちを搾って」篇では広告キャラクターに亀梨和也さんを起用 ■放送開始日 2019年2月19日(火)〜 ■CM放送地域 関西地域・九州地域 ※ホームページ・特設ページ・ECサイトでも放送開始日から視聴可能 pic.twitter.com/3k4jshhuSn

返信先:@naotarou1981 調べるという意識で調べることはあまりないのですが、食材などの相場はスーパーに通ってればわかってきますし、ワインでも買うために店を巡ったりネットサーフィンしたりしてるとわかってきますね。あと特定のECサイト広告サイトに価格情報が集約されてる場合は、かなりじっくり見て比較検討します。

ECサイト運営者に広告を依頼する

ECサイト運営者に広告を依頼する 旅行商品を販売している会社が宣伝をするとき、次のようなスタイルを検討するということができます。
それは、ECサイトの運営者に自社の広告を依頼することであり、それには次のようなことを期待することが可能です。
ECサイトに訪れる買い物客に対して、旅行商品の宣伝を行っていくということをしていきます。
このとき、広告バナーを利用して買い物客の目が届くところに貼ってもらい、アピールします。
その後、企業はその買い物客がバナーを通じて旅行商品を買ったときに運営者に謝礼を支払います。
旅行商品を販売する会社はECサイトという人々が集まる場所で宣伝をするだけでなく、利用を期待できます。
そして、運営者にとっては謝礼をもらえて利益の一部にすることができるというメリットになります。
買い物をするサイトで宣伝するという手法を用いて、商品の販売ルートを作り出すという形となってきます。
そのため、この方法を利用して旅行商品を売っていくということを検討することが可能です。

ECサイトではコンテンツが大事

ECサイトの構築ではコンテンツが数が大きく影響します。
コンテンツの数が多ければ、それだけ閲覧者を増やすことができ、特定のサイトへの誘導や特定の商品の購入の誘導ができます。
もちろん、やたらにコンテンツを増やすのは良くありません。
ECサイトのテーマにあったものを追加する必要があり、テーマから外れてしまったものを追加してしまうと閲覧者が減っていきます。
閲覧者を増やしたいのであれば、コンテンツの増やし方には気を使う必要があります。
 追加する内容が決まっていないのであれば、ネット上にある他のECサイトを参考にすると良いです。
他のサイトにあるものを真似できればすぐに充実したサイトにすることが可能です。
もちろんテーマに外れないようにしないとなりません。
サイト内が充実していれば自然と閲覧者は増えていき、報酬を増やすことができます。
焦って大量に増やすのではなく地道に内容を増やしていくことが大事です。
定期的に更新をしていくと良いでしょう。