CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 広告」
に関連するツイート
Twitter

【知財関連ニュース】『Amazon広告“打ち手"大全 世界最大のECサイト広告運用に挑む 最強の戦略77』4月19日発売[商標][ブランド] iptops.com/news/261413

Yahoo!ニュースみてたら広告で以前働いていたECサイトと思われる画像があってクリックしたら、ライバル会社だった。大丈夫かな片っ端からデザインパクられてるけど。多分承知なんだろうが・・これだからWEBデザインは困る・・・下手したら当日ごっそりパクられてる事しばしば。

ゆるっと転職先を探してます。ECサイト運営で分析、企画、販促、広告運用など。adobe#GAスキル有。CRM.LPO等。 #webマーケター #求人

Twitter🍛🎀サバオP🍎忍に全票@sabao48

返信 リツイート 4/20(土) 14:53

楽天の売り上げ35%はフィンテック部門なんや。広告マシマシECサイトっていう見方は変えないとあかんな。

Twitterチョコボ◢◤◢◤IXTゴリラー@IXT_chocobo

返信 リツイート 4/20(土) 12:59

RT @TwitterBizJP: 【Twitter活用事例】Twitter広告ECサイトでの売り上げが2倍に!フォロワーとのコミュニケーションから30分で商品企画をすることもあるという「呉服屋さん .com @gofukuyasan 」のTwitter活用事例をご紹介。

本日発売!『Amazon広告“打ち手"大全 世界最大のECサイト広告運用に挑む 最強の戦略77』 #プレスリリース prtimes.jp/main/html/rd/p…

【知財関連ニュース】『Amazon広告“打ち手"大全 世界最大のECサイト広告運用に挑む 最強の戦略77』4月19日発売[商標][ブランド] iptops.com/news/260843

ECサイトに誘導する不正コンテンツの中には、詐欺広告に誘導するものもあるようです。 Yahooの検索結果をコピーしたコンテンツから読み込まれるjsから bags.luxzone[.]jp にリダイレクトされ、更に ww25.bags.luxzone[.]jp に遷移、そこから様々な詐欺サイトに誘導されます。 ご注意ください! pic.twitter.com/a5i8DGwGAR

楽天のECサイトを見ているとスーパー玉出のネオンや広告を思い出してしまうんだよね

告知って程じゃないけど、物撮り撮影のワークショップをやります。 4/28(日)10〜17時くらいまで少人数でガチなやつです。 既に希望者が3名決まってるので、あと数名で定員ですがECサイトや各業種撮影担当者の方など、広告、コマーシャル撮影技術を学びたい人用に申込可能です。 まずはDMください。 pic.twitter.com/xJWkxxaQ6Q

ECサイト運営者に広告を依頼する

ECサイト運営者に広告を依頼する 旅行商品を販売している会社が宣伝をするとき、次のようなスタイルを検討するということができます。
それは、ECサイトの運営者に自社の広告を依頼することであり、それには次のようなことを期待することが可能です。
ECサイトに訪れる買い物客に対して、旅行商品の宣伝を行っていくということをしていきます。
このとき、広告バナーを利用して買い物客の目が届くところに貼ってもらい、アピールします。
その後、企業はその買い物客がバナーを通じて旅行商品を買ったときに運営者に謝礼を支払います。
旅行商品を販売する会社はECサイトという人々が集まる場所で宣伝をするだけでなく、利用を期待できます。
そして、運営者にとっては謝礼をもらえて利益の一部にすることができるというメリットになります。
買い物をするサイトで宣伝するという手法を用いて、商品の販売ルートを作り出すという形となってきます。
そのため、この方法を利用して旅行商品を売っていくということを検討することが可能です。

ECサイトではコンテンツが大事

ECサイトの構築ではコンテンツが数が大きく影響します。
コンテンツの数が多ければ、それだけ閲覧者を増やすことができ、特定のサイトへの誘導や特定の商品の購入の誘導ができます。
もちろん、やたらにコンテンツを増やすのは良くありません。
ECサイトのテーマにあったものを追加する必要があり、テーマから外れてしまったものを追加してしまうと閲覧者が減っていきます。
閲覧者を増やしたいのであれば、コンテンツの増やし方には気を使う必要があります。
 追加する内容が決まっていないのであれば、ネット上にある他のECサイトを参考にすると良いです。
他のサイトにあるものを真似できればすぐに充実したサイトにすることが可能です。
もちろんテーマに外れないようにしないとなりません。
サイト内が充実していれば自然と閲覧者は増えていき、報酬を増やすことができます。
焦って大量に増やすのではなく地道に内容を増やしていくことが大事です。
定期的に更新をしていくと良いでしょう。