CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 広告」
に関連するツイート
Twitter

アフィリエイトからECサイト運営やメディア運営への方針変更。 個人事業主から法人成りへの変更。 広告やPR系、専門メディアへの寄稿。 ある程度の資本力を持った人は動くんじゃないかな。 一時的であれ資本の時代かも?

Twittertatsuya 🇯🇵🗻🗼🗾🏯@iwakoshi_inc

返信 リツイート 44分前

今までECサイトとかコーポレートサイトの制作をやってましたが、急にWeb広告担当になりました。

Twitterアクリエイティティー@A_creatY_T

返信 リツイート 6/22(土) 10:44

自社ECサイトがあってそこからの利益ならともかく、SEOで広告売上メインだとキツイ。PPCもアフィ系に厳しくなってるし、そりゃサイト関係はジャンルによっては整理するタイミングよね~。やるならSNS経由を強めたECになるんじゃね?知らんけど。

広告の「自家製ソーセージを作ろう」という言葉に誘われてクリックしたら、料理器具のECサイトだった。購入ページへの入口わかりづらいし、全部買うと5万超えとか、何のために広告出稿してるのか不明。胡散臭い代理店がカモってるのかしら。URLもプロっぽいし。 recipe.cotta.jp/recipe.php?rec…

Twitter38歳新婚@WEBデザイナー探してます@tareme_ojisan

返信 リツイート 6/21(金) 0:56

この一文が生々しくて刺さった。 → ステキな広告に胸が打たれても、お財布が向かうのはECサイト、そんな日々がリアルだったりする。◇何が「理想的」というわけではないと思う。huffingtonpost.jp/2017/08/22/we-…

20億程度の安い事業計画編成は経験あり。 地上波CM・芸能人アサイン・アニメゲームマンガエンタメタイアップ・各種出稿・広告・広報・イベント・展示会・SNS運営・ECサイト構築・Amazon対応等々運営責任者レベルで経験あり。 大体のキー局、出版、新聞、代理店と人脈か繋がり有 どっか良い値段で・・

TwitterⓀⒺⒽⒶⒺ-ⒽⓊⒼⓊⓇⒾ🔞🚺♂💦@mk7777wot

返信 リツイート1 6/19(水) 16:17

インスタの広告で出て来た海外ECサイトのスクショなんですが、 親子ペアだけでなく、baby,toddler,ladiesの3パターン展開のお洋服を発見😍💓💓可愛い! 娘2人とお揃いで着た〜い❣️ ・・・と夫に見せたら 「俺は?」 って言われた。ごめん🤣 (あとから探したら、パパのもある商品もあったよ!w) pic.twitter.com/BzgF3gmuqY

Twitter兵藤さや🚼ヒロインマーケティング「脳科学×Webマーケ」@saya_hyodo

返信 リツイート 6/18(火) 11:05

酒類・食料品・化粧品等の輸入販売を行っている会社で、ECサイトのコーディングやメルマガ作成、広告作成などをお任せします。時給1,700円+交通費。恵比寿駅より徒歩3分。詳しくは👉parthaken.jp/search/detail/… #時短勤務 #パート #派遣 #仕事探し #ワーママ #主婦 #恵比寿 pic.twitter.com/ihBKuJA668

Twitterde子@働く主婦を応援!@parthaken

返信 リツイート 6/17(月) 10:14

一押しの広告主のライバルとなるECサイトをあれがダメとか言ってたら、修正されて困ってるのが今。 どうしよう(涙

Twitterトモロヲ@停滞ちう@gfenr34

返信 リツイート 6/17(月) 1:10

RT @TwitterBizJP: 【Twitter活用事例】Twitter広告ECサイトでの売り上げが2倍に!フォロワーとのコミュニケーションから30分で商品企画をすることもあるという「呉服屋さん .com @gofukuyasan 」のTwitter活用事例をご紹介。

ECサイト運営者に広告を依頼する

ECサイト運営者に広告を依頼する 旅行商品を販売している会社が宣伝をするとき、次のようなスタイルを検討するということができます。
それは、ECサイトの運営者に自社の広告を依頼することであり、それには次のようなことを期待することが可能です。
ECサイトに訪れる買い物客に対して、旅行商品の宣伝を行っていくということをしていきます。
このとき、広告バナーを利用して買い物客の目が届くところに貼ってもらい、アピールします。
その後、企業はその買い物客がバナーを通じて旅行商品を買ったときに運営者に謝礼を支払います。
旅行商品を販売する会社はECサイトという人々が集まる場所で宣伝をするだけでなく、利用を期待できます。
そして、運営者にとっては謝礼をもらえて利益の一部にすることができるというメリットになります。
買い物をするサイトで宣伝するという手法を用いて、商品の販売ルートを作り出すという形となってきます。
そのため、この方法を利用して旅行商品を売っていくということを検討することが可能です。

ECサイトではコンテンツが大事

ECサイトの構築ではコンテンツが数が大きく影響します。
コンテンツの数が多ければ、それだけ閲覧者を増やすことができ、特定のサイトへの誘導や特定の商品の購入の誘導ができます。
もちろん、やたらにコンテンツを増やすのは良くありません。
ECサイトのテーマにあったものを追加する必要があり、テーマから外れてしまったものを追加してしまうと閲覧者が減っていきます。
閲覧者を増やしたいのであれば、コンテンツの増やし方には気を使う必要があります。
 追加する内容が決まっていないのであれば、ネット上にある他のECサイトを参考にすると良いです。
他のサイトにあるものを真似できればすぐに充実したサイトにすることが可能です。
もちろんテーマに外れないようにしないとなりません。
サイト内が充実していれば自然と閲覧者は増えていき、報酬を増やすことができます。
焦って大量に増やすのではなく地道に内容を増やしていくことが大事です。
定期的に更新をしていくと良いでしょう。