CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 管理」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@cocorollipop 素敵すぎる。近くだからぜひお手伝いしたいー!しかし子供というハードルが…っ あと、WEBデザイナーやってるんで入用の時はぜひお声がけ下さい♥デザインから作成、保守管理、SEO対策、ECサイトまでお安くやらせて頂きますよ😋

インスタグラマーにアカウト管理をお願いしてからネットショップのアクセスが一気に増えました! インスタグラマーの力は凄い! #インスタグラマー #ネットショップ #ベイスショップ #ECサイト pic.twitter.com/zXiIjDJAme

Twitterあいちプロジェクト【公式】@aichiproject

返信 リツイート 昨日 19:48

ツイッターで無料でプログラム開発受け付けてて一番多かった案件内容晒す 中小企業の在庫管理システム 中小企業の棚卸しシステム オンラインカジノ自動売買システム ショッピングサイトスクレイピングシステム ECサイト間のcsvデータ変換システム

返信先:@riku100f 物売ると言えば以前働いていた会社では自身所属のリゾート関連部門とは別に物販部門のECサイト(楽天)構築管理も担当していたのですが、楽天で売れるサイトってのは例のバナーだらけで縦長で赤っぽい鬱陶しい構造なのでストレスたまりました

返信先:@kabusuihei FF外から失礼します。じげんは、以前は価格.comのようなポータルサイトを運営しているだけでしたが、その供給元であるリジョブのような求人媒体を買収(価格.comから見る掲載ECサイト)。さらにブレインラボで、求人管理ツールまでと、人事領域に進出し、垂直統合を進めている点が、強みになるのではと

Twitterタイサク@対策グッズクチコミ@taisakume

返信 リツイート 昨日 15:07

【新しい求人・案件が追加されました】 【Salesforce/Apex】システムエンジニア★ECサイト構築(請求管理システム開発) dlvr.it/Qz4Z1v

リサ・ラーソンの版権管理やアーティスト雑貨を扱うトンカチがや、商品企画や、ECサイト運営担当、新規事業開発、事務スタッフなどを募集。 bit.ly/2RROJkp

例)ECサイト管理画面とフロントがLaravelに同居している → adminとfrontで切り分ける → Service Providerで結合させる 「Laravelでパッケージ開発」 #laraveljpcon

Twitterプログラミングをするパンダ@Panda_Program

返信 リツイート 2/16(土) 11:34

ECサイトに求められること。サービスの安定性だけでなく、クラウド利用者によるリリース作業の素早さも。コード管理しないと正しい手順がどれか分からなくなっていくし、手順管理の工数も増える。コード管理により、共通の言語であるコードで書け、リポジトリで管理でき、再現性も獲得。 #ectg

『「靴業界全体の収益性。効率性の構造改革」に取り組むLOCONDO.jpの(以下略 ^^;』(株式会社ロコンド) 「ビジネスモデル。在庫の最適化をサポート。在庫を預けてもらって、複数のECサイトと連携して在庫管理・物流を受け持つ。自社の販売サイトなども持っている。 #ectg

ECサイトは開設場所によって二種類に分かれる

ECサイトは開設場所によって二種類に分かれる ECサイトの種類は大きく分けて、バーチャルショッピングモールを運営している会社が作ったものと、サイトの運営者自身が作成、もしくは運営者が依頼してサイト作成業者が作ったものの二つに分かれます。
前者の場合、ブログで記事を書くようなイメージで商品のタイトルや説明を書き、画像をアップロードして在庫数を設定すればすぐに商品を販売できる形が整いますが、後者の場合はサーバーにファイルをアップロードしたり、データベースの設定を行うといった下準備が必要になります。
バーチャルショッピングモールのECサイトは、モール全体のアクセス数が多く、値段づけを工夫すれば比較的簡単に客を集められますが、独立型のサイトの場合、サイトを作ったあとに検索エンジン対策を行わないと思うように客が集まらないことがあります。
なので、ショップ自体の知名度が高くなく、販売する商品の種類はほかのサイトでも並んでいるという場合は、バーチャルショッピングモールを利用した方がいいです。

ECサイトの管理は専門の企業に任せる

ECサイトの管理は個人で行うのは非常に大変です。コンテンツの更新が必要ですし、新しくコンテンツを追加していく必要があります。
企業であれば、管理は難しくなりませんが、個人の場合は時間と相当な労力を使うことになります。
なので、ECサイトを運営しているのであれば、その管理は専門の企業にお願いをしてしまうと良いでしょう。月々の委託費用はかかりますが、確実な運営を行います。
コンテンツの更新はリアルタイムで行われますし、新規のコンテンツの相談をすればすぐに反映されます。また専門の企業に任せることで、報酬のアップを期待できます。
個人が運営するよりも安定したサイト運営ができるため、1.5倍から2.0倍の報酬アップが期待できます。ECサイトは大きくなればなるほど管理は難しくなります。
そうなる前に、専門の企業に依頼をしてしまいましょう。後は継続的にコンテンツを増やし、閲覧者を増やしていくだけなので、難しいことはありません。