CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト 管理」
に関連するツイート
Twitter

業務で作ったECサイトを改造して「さくらVPS」にデプロイしてみました。 管理画面から商品やカテゴリーを編集できます。 ・CentOS7 ・Apache2.4 ・PHP7.2 ・MySQL5.7 ・Laravel5.8 ・bootstrap4 ・jQuery GitHubからデプロイしました。 「Let's Encrypt」によりSSL化。 rudeblade.com

Twitter訓志:kunshi@遅咲きプログラマ@paisen77

返信1 リツイート1 2:14

理想 マミさん : 喫茶店マスター兼好茶葉卸売業社長 ワイ : 在庫管理、経理システム、ECサイト構築・運用 現実 マミさん : 喫茶店マスター兼紅茶葉卸売業社長 ワイ : ヒモ

Twitter雛見沢ゆうくん🐶🐦💯🎌🍀🐕@女神のこいぬ@vxiira_mmuk

返信 リツイート 6/22(土) 20:46

ロジザード ECサイトなんかの倉庫管理クラウドの会社だけど 6月17日に大幅な上方修正が出て 3年連続の増収増益まっしぐらなのに 株価は底値に近い。 創業以来、ずっと売上は伸びてきているしね。 時価総額67億 pic.twitter.com/V3D4fjGIoJ

Company E-CommerceならECサイトと通販事業を統合管理!顧客管理に特化したECパッケージとして顧客に合わせて最適なプロモーションを提供可能! #CompanyECommerce 業務自動化.jp/company-e-comm… pic.twitter.com/JRGHdtxIz1

返信先:@Sirius914 FBAマルチチャネルサービスとは? FBAマルチチャネルサービスとは、自社のECサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗など、Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行して運用する物流サービスです。 これですかね…

Twitterkenken794(記憶に残る写真を撮りたい)@kenkenken794

返信 リツイート 6/19(水) 10:48

「RTB(顧客があなたを信じて仕事をお願いする理由はなにか」 グループ内のECサイト運営で培った ・オペレーションの管理業務とリスク、コストコントロールの実績 ・新しい決済手段、海外販売NGブランドの海外出店を導入した経験 ・企画、システム、経理法務をまとめてプロジェクトを遂行した調整力

RT @htakanaka104: 昨日、受発注システムやECサイト管理をできるシステム会社の担当と話をした。受発注システムは軽減税率対策補助金の対象だが、今から申請しても対応ができないと。9末までに導入は無理か。 事業者の皆様、レジならギリギリ間に合うかもなので必要なら今すぐ…

Twitterモルティ (混迷中)@molety

返信 リツイート 6/17(月) 20:34

RT @refinekaz: ECCUBE4系の問い合わせフォームをformrunに切り替える方法って需要あるかなぁ? そもそもECCUBE3で、お問い合わせ管理のプラグイン作ったんだけど、 ステータスの管理を考えると、formrunの方が断然使いやすい。 ECサイトのカス…

あとアパレル業界もミュートしたいな。誰やねん多すぎです。日陰のアパレル業界人は日の目みたことないから偏屈だね。3流MD、ガセ記事だらけの記者、底辺感溢れるパターンナー、メジャーじゃない生産管理、売れてなさそうなECサイト営業、儲からなそうなスタートアップ等。

RT @ontheocean6: 6/7 6/10の好材料 ✅3444 菊池製作 🔹前期3倍上方修正、3円増配 ✅3854 アイル 🔹複数ECサイト一元管理ASPサービスがAmazonの在庫保管・配送代行サービスに対応 ✅7049 識学 🔹不登校問題解決策の一助として…

ECサイトは開設場所によって二種類に分かれる

ECサイトは開設場所によって二種類に分かれる ECサイトの種類は大きく分けて、バーチャルショッピングモールを運営している会社が作ったものと、サイトの運営者自身が作成、もしくは運営者が依頼してサイト作成業者が作ったものの二つに分かれます。
前者の場合、ブログで記事を書くようなイメージで商品のタイトルや説明を書き、画像をアップロードして在庫数を設定すればすぐに商品を販売できる形が整いますが、後者の場合はサーバーにファイルをアップロードしたり、データベースの設定を行うといった下準備が必要になります。
バーチャルショッピングモールのECサイトは、モール全体のアクセス数が多く、値段づけを工夫すれば比較的簡単に客を集められますが、独立型のサイトの場合、サイトを作ったあとに検索エンジン対策を行わないと思うように客が集まらないことがあります。
なので、ショップ自体の知名度が高くなく、販売する商品の種類はほかのサイトでも並んでいるという場合は、バーチャルショッピングモールを利用した方がいいです。

ECサイトの管理は専門の企業に任せる

ECサイトの管理は個人で行うのは非常に大変です。コンテンツの更新が必要ですし、新しくコンテンツを追加していく必要があります。
企業であれば、管理は難しくなりませんが、個人の場合は時間と相当な労力を使うことになります。
なので、ECサイトを運営しているのであれば、その管理は専門の企業にお願いをしてしまうと良いでしょう。月々の委託費用はかかりますが、確実な運営を行います。
コンテンツの更新はリアルタイムで行われますし、新規のコンテンツの相談をすればすぐに反映されます。また専門の企業に任せることで、報酬のアップを期待できます。
個人が運営するよりも安定したサイト運営ができるため、1.5倍から2.0倍の報酬アップが期待できます。ECサイトは大きくなればなるほど管理は難しくなります。
そうなる前に、専門の企業に依頼をしてしまいましょう。後は継続的にコンテンツを増やし、閲覧者を増やしていくだけなので、難しいことはありません。