CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「サイト 人気」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@beitaile さすが…カービィは人気なのだ😇公式サイト見てきましたけど、絵柄がめちゃくちゃかわいいですよね…

急激にブログのアクセスが急落したと思ったら、当サイトの最大の人気記事でありながらスーパー読みにくい記事を再編集したとしか思えない某サイトの某記事を見つけた、、、 、、、敗北感。

Twittertheデブ☆マニアックス@thedebu_blog

返信 リツイート 1分前

人気ポイントサイト『ポイントインカム』 無料でどんどんポイントが貯まるよ♪ 貯めたポイントは現金や電子マネーなどに交換できる!! 登録は1分で完了!!さっそく登録してみよう☆ sp.pointi.jp/p/?a=rbf880472… @potanewsより

peingってやつ匿名で誹謗中傷できるaskの親戚みたいなサイトだと思ってたけど人気なの?

返信先:@potojaka 人気の作品だし、今回中国古典名作選でも取り上がるから、日本で人気の新版の再放送の可能性あるかもしれませんね。あの豪華絢爛差は、今一度みたいですね。あ、忘れてた。日本のネット動画配信サイトには無いのかな?

S被リンクはAKB総選挙のようなもの❗️ ・どれだけ外から人気を集められるかどうか ・人気投票する人もなるべく手厚いファン(権威あるサイト)だと良い ちなみに被リンク集めるなら ✅SNSの活用 ✅PRサービスの活用 ✅ブロガーに頼る方法 が効果的でした^ ^

TwitterWebコンサル@初心者➡︎トップコンサルタント@happymarket10

返信 リツイート 5分前

感想サイトを見なくてもわかる。このケリ子って女の子が人気なんだろ!

Twitter山形健之助(魔界)@nakodokan

返信 リツイート 10分前

RT @Daon_korea: ✔️ 新 着 記 事 📲💗 . . 💨乾燥する季節は早めに対策を😣❗️ . . 🇰🇷📲韓国で手に入る肌を潤す人気保湿クリーム⑤選💖 . . 韓国情報サイト Daon[ダオン]daon.media/beauty/HfQmP

返信先:@Wvt7qX5Axjkh4wg みーちゃん、こんばんは☺️ あのサイトは昔からヒドイです💦 過去にすっごく人気のあった スターさんの退団公演の千秋楽 チケットが元値B席2500円が 20万近くの金額で転売されてて ビックリしましたΣ(ŎдŎ|||)ノノ 今の転売禁止法があのサイトに 適用されないのが不思議です(笑)

小説投稿サイト『ノベルアップ+』で公開中! 「奴隷ちゃんと下僕くん」を読んでみませんか? 童貞くんシリーズと並行掲載中!より人気の高い方が優先して連載されます! novelup.plus/story/366084155 #ノベルアッププラス

ECサイトが人気出る可能性は作り方次第

ECサイトが人気出る可能性は作り方次第 ECサイトは、自社の製造した商品を販売する上では優れたものとなるに違いがありませんが、人気の良し悪しは当然、サイトの作り方次第に寄ります。
まず見た目であるサイト構成が重要な要素であり、ショッピングをしたいと思わせる雰囲気を醸し出す作りにすることが大切です。
なかでも外見の上の見た目は大事で、あまりにもその作りが雑であると詐欺サイトかもと疑われて、なかなか売上アップまで至らないことがよく起こります。少しでも雑な所があると目につきやすいので、サイトの信用性の問題にも関わることが多いです。
そしてECサイトでは、当たり前になっている商品カートの存在と決済方法の多様化が必須です。これらの商品カート設置や決済方法が多様化されているのは、逆に人気のあるサイトでは標準的に搭載されていますので、それが搭載されていない場合、商品が売れる可能性も低くなります。
またECサイトの利用でよくあるのは、商品をカートまで入れていざ決済しようとした場合に、自分の検討した決済方法がない場合、そのまま諦めて購入しないという可能性も多いです。
従って、決済方法の多様化は人気の出るECサイト作りには、必須の条件となります。

ECサイトのあり方

ECサイトはどうあるべきかですが、ユーザーのニーズに応えることでしょう。ユーザーのニーズに合わせて臨機応変に変化していかないと、利用してもらえなくなります。
ユーザーが必要とする内容を提供できていれば、自然に評価が上がり、売り上げへとつながります。良い商品を提供することが大切です。
ECサイトのあり方を考えたときに、最もやってはいけないことですが、ユーザーを欺くことでしょう。企業が利益を上げることだけを考えて、ユーザーの利益を無視すればたちまち離れていきます。
適当な情報ばかり載せていると、ユーザーに信用してもらえなくなるでしょう。ユーザーが期待する情報は何かを模索し続けることです。真剣に対応することで、ユーザーを惹きつけることが可能になります。
誠実なECサイトであり続けることが望まれます。ECサイト運営者は、そのあり方について試行錯誤していかないと、いつかユーザーに利用してもらえなくなるでしょう。