CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト クラウド」
に関連するツイート
Twitter

IT下手な文旦農家が女性陣とECサイトを立ち上げ、宿毛市の魅力を発信したい! - クラウドファンディングCAMPFIRE camp-fire.jp/projects/view/… @campfirejpさんから

RT @freee_agri: マイナビ農業に、本日公開した協業の件が取り上げられました! > 協業を結ぶ4社は、農業所得の確定申告にも対応するクラウド会計ソフト開発のfreee、衛星データ活用事業のアクセルスペース、貸農園サービスのマイファーム、生産者が出店するECサイト運営…

RT @freee_agri: マイナビ農業に、本日公開した協業の件が取り上げられました! > 協業を結ぶ4社は、農業所得の確定申告にも対応するクラウド会計ソフト開発のfreee、衛星データ活用事業のアクセルスペース、貸農園サービスのマイファーム、生産者が出店するECサイト運営…

RT @freee_agri: マイナビ農業に、本日公開した協業の件が取り上げられました! > 協業を結ぶ4社は、農業所得の確定申告にも対応するクラウド会計ソフト開発のfreee、衛星データ活用事業のアクセルスペース、貸農園サービスのマイファーム、生産者が出店するECサイト運営…

Twitterマイナビ農業【公式】@agri_mynavi

返信 リツイート 2/15(金) 23:01

ECサイトに求められること。サービスの安定性だけでなく、クラウド利用者によるリリース作業の素早さも。コード管理しないと正しい手順がどれか分からなくなっていくし、手順管理の工数も増える。コード管理により、共通の言語であるコードで書け、リポジトリで管理でき、再現性も獲得。 #ectg

返信先:@31nodokan 有名なサイトなら間違いないですからね。本はいつでも買えますし、動画の方が解りやすいんですよね。 自分が色々やってるときにクラウドワーク的なやつはECサイト構築とかデザインが仕事としてありましたね。 Photoshop、illustratorは必須になりますよね

TwitterⓂⒶⒼⓃⒺⓉⒾⒸ ④Ⓜ‌Ⓒ'Ⓩ©️@magnetic4mcz

返信 リツイート 2/14(木) 20:42

マイナビ農業に、本日公開した協業の件が取り上げられました! > 協業を結ぶ4社は、農業所得の確定申告にも対応するクラウド会計ソフト開発のfreee、衛星データ活用事業のアクセルスペース、貸農園サービスのマイファーム、生産者が出店するECサイト運営のポケットマルシェ。 agri.mynavi.jp/2019_02_14_606…

一括見積もりサイトみたいな所から一方的に制作依頼が来るんですが、5万円でECサイト作りたいみたいのばっかりなので、クラウドソーシングに行って頂きたいですね。

返信先:@Gen6 ECサイトは踏まれないし、クラウドソーシングはクライアントがまずまともな目してないし、雁字搦めw

返信先:@Gen6 ECサイトサービス、クラウドソーシング、ブログ、SNSぐらいしか思いつかないすねぇ。うーん、見てもらえたら売れるのかなぁ、分からん…

ECサイトの成り立ちについて

ECサイトの成り立ちについて インターネットを使っている人であれば、ECサイトを見る機会は多いです。
インターネットを利用して商品やサービスの売買を行うことを、Eコマースと呼びます。
ECサイトは、Eコマースのサービスを提供しているサイトのことです。
ECサイトには、自社サイトとモール型サイトがあります。
自社サイトは、自分でサイトを構築するタイプで、全く何もないところから自力で立ち上げる人もいます。
ショッピングカートサービスや、ECサイトの構築ツールを使ってサイトを構築する人もいます。
モール型サイトは、モールが提供するシステムを利用するため、決済はモールが代行してくれます。
初めから店舗管理システムなどが用意されているため、自分でサイトを構築する必要がなく楽です。売り上げを上げるためには、顧客が使いやすいサイトを作ることが大事です。
また、操作がしやすいことも重要です。 商品の配置が見やすいか、検索が簡単にできるかなど、細かい部分にも気を配ってサイトを構築する必要があります。
また、顧客から相談や質問があった時は、すぐに対応することも大切です。 商品が良くて、サービスも良いサイトは、リピーターの数も多いです。リピーターの多さは、売り上げの拡大につながります。

ECサイトのクラウド対応について

ECサイトはWebサーバとデータベースサーバで構築されますが、多くのサイトでレンタルサーバを利用するケースが多いのですが、増えてきているのがクラウド版のECサイトです。
一般的なレンタルサーバの場合、レンタルしたサーバに対して課金されますが、クラウド対応版は利用した時間もしくは、CPUの利用量で計算されることが多くなっています。料金の差がとても大きく注目されています。
もっとも差がつきやすいのが深夜帯の利用です。
レンタルサーバの場合は見られていなくても課金されますが、クラウドの場合は利用されなければ課金されず、特に日中から深夜直前までの利用が多い一般的なECサイトの場合は料金が一気に減ることが多くなります。
また、レンタルサーバはPVが爆発的に増えても対応しづらく、販売する機会を失うケースが多いのですが、クラウドの場合は設定しておけばPVに合わせてCPUなどを増減してくれますので販売機会を失うこともなく、また、レンタルサーバのようにPVが減ったとしても高機能なサーバを狩り続けなくてはならないということもありません。
効率的なサーバの利用ができるので好評です。ただし、使えるECサイトソフトが限定されていることが多いので注意したいところです。