CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト クラウド」
に関連するツイート
Twitter

クラウドワークスのコンペ「雑貨を取り扱うECサイトでのブランドロゴ作成」に参加しました。crowdworks.jp/public/jobs/39… #crowdworks

日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」と台湾の大手新聞社udnグループ運営のECサイト「uDesign」が業務提携 venturetimes.jp/venture-news/i…

【拡散希望🎀】(長文)   紙製スツールをクラウドファンディングのリターンに追加しました🙋‍♂️ camp-fire.jp/projects/view/… 紙製折り畳みスツール5500円🖐️ Chinapseではミニマルな生活を掲げており、本製品はまさに究極のミニマル椅子です。 他のECサイトと是非比較してください!! pic.twitter.com/gcfHRVLfqM

Twitterばやし@🇨🇳イマチュウ 上海@muraba1

返信1 リツイート3 8/17(土) 10:56

クラウドファンディングなんて言うから「他人に頼る前に自分でなんとかせい」って言われちゃうけど、あんなもんECサイトとさして違いないし要はただの売買契約なわけで、欲しい人が金出すだけのシステムと割り切ってしまえばいいのに、やたらと外野が怒るんだよな。

RT @aroerina2: メイカー業の始め方。自分みたいにBASEとかでECサイト作って始める人もいれば、ヤフオクとかアマゾンで始める人、コミケとかイベントで物販から始める人、、経験0から起業してクラウドファンディングやっちゃう人、やりたいと言っててもいつまで経っても始めな…

Twitter友瀬 翔@C96_8/11(日)西2あ24aでした@syou100

返信 リツイート 8/13(火) 17:03

自分のブランド&ECサイト立ち上げのため、クラウドファンディングに参加中! 好きなことを仕事にするために、10年働いた会社をやめました! #ブランド立ち上げ #クラウドファンディング #campfirejp @CAMPFIREjp camp-fire.jp/projects/view/…

RT @aroerina2: メイカー業の始め方。自分みたいにBASEとかでECサイト作って始める人もいれば、ヤフオクとかアマゾンで始める人、コミケとかイベントで物販から始める人、、経験0から起業してクラウドファンディングやっちゃう人、やりたいと言っててもいつまで経っても始めな…

RT @aroerina2: メイカー業の始め方。自分みたいにBASEとかでECサイト作って始める人もいれば、ヤフオクとかアマゾンで始める人、コミケとかイベントで物販から始める人、、経験0から起業してクラウドファンディングやっちゃう人、やりたいと言っててもいつまで経っても始めな…

RT @aroerina2: メイカー業の始め方。自分みたいにBASEとかでECサイト作って始める人もいれば、ヤフオクとかアマゾンで始める人、コミケとかイベントで物販から始める人、、経験0から起業してクラウドファンディングやっちゃう人、やりたいと言っててもいつまで経っても始めな…

Twitterbigbenbigben@びっぐべん@bigbenbigben

返信 リツイート 8/8(木) 21:22

クラウドファンディングのハードウェア製品、経験上は数年遅延するし公式ecサイトができてさも通常販売してますみたいになってからそこで買っても平気で数年遅延する

ECサイトの成り立ちについて

ECサイトの成り立ちについて インターネットを使っている人であれば、ECサイトを見る機会は多いです。
インターネットを利用して商品やサービスの売買を行うことを、Eコマースと呼びます。
ECサイトは、Eコマースのサービスを提供しているサイトのことです。
ECサイトには、自社サイトとモール型サイトがあります。
自社サイトは、自分でサイトを構築するタイプで、全く何もないところから自力で立ち上げる人もいます。
ショッピングカートサービスや、ECサイトの構築ツールを使ってサイトを構築する人もいます。
モール型サイトは、モールが提供するシステムを利用するため、決済はモールが代行してくれます。
初めから店舗管理システムなどが用意されているため、自分でサイトを構築する必要がなく楽です。売り上げを上げるためには、顧客が使いやすいサイトを作ることが大事です。
また、操作がしやすいことも重要です。 商品の配置が見やすいか、検索が簡単にできるかなど、細かい部分にも気を配ってサイトを構築する必要があります。
また、顧客から相談や質問があった時は、すぐに対応することも大切です。 商品が良くて、サービスも良いサイトは、リピーターの数も多いです。リピーターの多さは、売り上げの拡大につながります。

ECサイトのクラウド対応について

ECサイトはWebサーバとデータベースサーバで構築されますが、多くのサイトでレンタルサーバを利用するケースが多いのですが、増えてきているのがクラウド版のECサイトです。
一般的なレンタルサーバの場合、レンタルしたサーバに対して課金されますが、クラウド対応版は利用した時間もしくは、CPUの利用量で計算されることが多くなっています。料金の差がとても大きく注目されています。
もっとも差がつきやすいのが深夜帯の利用です。
レンタルサーバの場合は見られていなくても課金されますが、クラウドの場合は利用されなければ課金されず、特に日中から深夜直前までの利用が多い一般的なECサイトの場合は料金が一気に減ることが多くなります。
また、レンタルサーバはPVが爆発的に増えても対応しづらく、販売する機会を失うケースが多いのですが、クラウドの場合は設定しておけばPVに合わせてCPUなどを増減してくれますので販売機会を失うこともなく、また、レンタルサーバのようにPVが減ったとしても高機能なサーバを狩り続けなくてはならないということもありません。
効率的なサーバの利用ができるので好評です。ただし、使えるECサイトソフトが限定されていることが多いので注意したいところです。