CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト クラウド」
に関連するツイート
Twitter

「日本では買えない〇〇」を買えるECサイトを創りたい - クラウドファンディングCAMPFIRE camp-fire.jp/projects/view/… #夢見る人をはじめる人に @campfirejpより こんな事にチャレンジしております! ぜひ、読んでみてください! 面白いと思って、拡散して頂ければ幸いです!

amazon/成毛眞 アマゾンのビジネス展開のまとめ本。 アマゾンは普段利用するECサイトのイメージだけど、じつはクラウド事業の覇者でアマゾン利益の大半はAWS(Amazon Web Services)事業。 pic.twitter.com/APSHR53cls

日本のクラウドファンディングのサイト見てると中華のECサイトにおいてあるもんを売りたい!って言って売ってるやつ多すぎる

Twitterおさんーまっ(๑´³`)♥️@O3_mah

返信 リツイート 10/19(土) 10:02

こんなものが! ECサイトでの商品撮影に特化した次世代マネキン - クラウドファンディングCAMPFIRE camp-fire.jp/projects/view/… #夢見る人をはじめる人に @campfirejpさんから

Vtuber向けの音声作品を取り扱う サブスクリプションサイト 作成プロジェクト - クラウドファンディングCAMPFIRE camp-fire.jp/projects/view/… #夢見る人をはじめる人に @campfirejpより う、胡散くせえ………(再生時間取得とかいう独自ビジネスロジック込みの独自デザインECサイトが35万!?)

ecnomikata.com/ecnews/23947/ #cloudnews #クラウド 外部サイト(ブランドサイト・自社ECサイト・ファッションモールサイト等)やブログ、アプリ、SNS等、顧客と接点を持つチャネルへのスムーズな連携を可能としたマーケティングツールであり、データの一元管理と一括更新により、各社が必要としているCRM

クラウドワークスのコンペ「新規ECサイト、高級ワインブランドのロゴ作成」に参加しました。crowdworks.jp/public/jobs/42… #crowdworks

✨NEW 募集 💠クラウドソーシングサイトの求人 《在宅ワーク》 ・小学生向けプログラミング教育用ロボットの学習教材の翻訳 英語→日本語 ・海外ECサイトの英語→日本語への翻訳 ・中→日翻訳 🔻詳しくはこちら。求人は他にもまだまだあります harowaka.com/translator/int… #リモートワーク

Twitter在宅・フリーランス・業務委託の求人情報【ハロワカ?】@harowaka1

返信 リツイート 10/12(土) 20:13

RT @honkiku1: ✅Googleは世界初の検索エンジンではなかった ✅Amazonは世界初のECサイトではなかった ✅AWSは世界初のクラウドサービスではなかった ✅Facebookは世界初のSNSではなかった ✅iPhoneは世界初のスマホではなかった こ…

Twittermdch自宅避難スーパー堤防頑張って@mdch_max

返信 リツイート 10/12(土) 19:44

クラウドファンディングの闇   自社開発した新製品のように見せているけど実際は中国のECサイトから買ってきただけのものとか、中国のクラファン商品をそのまま日本のサイトに載せたりとか。   そこに偽りの思いを適当に書いてクラファンお願い!と書く クラファってそういう感じだったっけ?

Twitterばやし@🇨🇳イマチュウ 上海@muraba1

返信3 リツイート2 10/11(金) 16:28

ECサイトの成り立ちについて

ECサイトの成り立ちについて インターネットを使っている人であれば、ECサイトを見る機会は多いです。
インターネットを利用して商品やサービスの売買を行うことを、Eコマースと呼びます。
ECサイトは、Eコマースのサービスを提供しているサイトのことです。
ECサイトには、自社サイトとモール型サイトがあります。
自社サイトは、自分でサイトを構築するタイプで、全く何もないところから自力で立ち上げる人もいます。
ショッピングカートサービスや、ECサイトの構築ツールを使ってサイトを構築する人もいます。
モール型サイトは、モールが提供するシステムを利用するため、決済はモールが代行してくれます。
初めから店舗管理システムなどが用意されているため、自分でサイトを構築する必要がなく楽です。売り上げを上げるためには、顧客が使いやすいサイトを作ることが大事です。
また、操作がしやすいことも重要です。 商品の配置が見やすいか、検索が簡単にできるかなど、細かい部分にも気を配ってサイトを構築する必要があります。
また、顧客から相談や質問があった時は、すぐに対応することも大切です。 商品が良くて、サービスも良いサイトは、リピーターの数も多いです。リピーターの多さは、売り上げの拡大につながります。

ECサイトのクラウド対応について

ECサイトはWebサーバとデータベースサーバで構築されますが、多くのサイトでレンタルサーバを利用するケースが多いのですが、増えてきているのがクラウド版のECサイトです。
一般的なレンタルサーバの場合、レンタルしたサーバに対して課金されますが、クラウド対応版は利用した時間もしくは、CPUの利用量で計算されることが多くなっています。料金の差がとても大きく注目されています。
もっとも差がつきやすいのが深夜帯の利用です。
レンタルサーバの場合は見られていなくても課金されますが、クラウドの場合は利用されなければ課金されず、特に日中から深夜直前までの利用が多い一般的なECサイトの場合は料金が一気に減ることが多くなります。
また、レンタルサーバはPVが爆発的に増えても対応しづらく、販売する機会を失うケースが多いのですが、クラウドの場合は設定しておけばPVに合わせてCPUなどを増減してくれますので販売機会を失うこともなく、また、レンタルサーバのようにPVが減ったとしても高機能なサーバを狩り続けなくてはならないということもありません。
効率的なサーバの利用ができるので好評です。ただし、使えるECサイトソフトが限定されていることが多いので注意したいところです。